中性脂肪が高いと脂肪肝に?

中性脂肪が高いと脂肪肝に?

「脂肪肝です」と健康診断で言われてドキっとしたことがありませんか?
脂肪肝とは、肝臓を構成する細胞に中性脂肪が異常に溜まっている状態のこと。
3〜5%までなら標準、5%をこえてしまうと脂肪肝です。

 

脂肪肝になる原因は、食べすぎやアルコールのとりすぎなど。
食べ過ぎて余計なエネルギーやカロリーがあると、肝臓は中性脂肪として作り変え、貯えます。
アルコールはそういった働きを更に強めてしまいます。

 

自覚症状

この脂肪肝、自覚症状はほとんどありません。
せいぜい、少し太ったかな?と外から判断するくらいです。
ですが脂肪肝は放っておくと、肝硬変になる危険性があります。
そして最終的には肝ガンになる恐れもあります。

 

脂肪肝なんてよく聞く話だから、病気ではないし、と思っている方は注意です。
中性脂肪がちょっと多めについただけでしょ、なんて思っていると本当に危ないんですよ。
脂肪肝だと診断されたら、日頃の食生活などを早めに見直し、脂肪肝の改善に努めましょう。