中性脂肪を減らすには、

中性脂肪とコレステロール

中性脂肪が高いと、動脈硬化になりやすいということは広く知られています。
ではでは、それは何故なのでしょうか?

 

中性脂肪とコレステロールには、密接な関係があることが最近分かってきました。
コレステロールには善玉コレステロールと、悪玉コレステロールがあります。
悪玉コレステロールは多すぎると血管の傷などにくっついてしまい、血管が細くなる原因になります。
血管が細いと血流が悪くなり、動脈硬化につながります。

 

中性脂肪が高いと

抗酸化作用のあるビタミンEが少なくなり、悪玉コレステロールが更に酸化されてしまいます。
悪玉コレステロールが酸化するということは、更に悪さが増すということ。
ですから、中性脂肪は高すぎると、コレステロールと一緒に体に悪いことをたくさんしてしまうんです。
負の相乗効果ですね。

 

中性脂肪自体は、私たちの体にとって必要な脂肪です。
なにごとも多すぎ、高すぎると良くないのは、中性脂肪も同じ。
高いと診断された方は、日頃の食生活などからまず改めてみましょう。